プロフィール

フォトアルバム

日本茶インストラクター今村由美

日本茶インストラクターの今村由美です。お茶のある心豊かな暮らしを広めたいと活動をしています。 Instagram/japanesegreentea_y イベントなどのタイムリーな情報をお知らせしております。 連絡先:sales@seiyouen.com 2004年4月 日本茶インストラクター資格取得 2004年4月~現在 保育園、中学校、婦人会、お父さん、留学生、老人会様々な方々を対象に福岡県内を中心にお茶教室開催 2005年8月 九州国立博物館主催「ファミリー見学会」にてお茶教室開催 2005年11月 九州国立博物館オープニングイベントとして日本茶イベント:「茶時遊空間」プロデュース   奈良時代のお茶「団茶」、室町時代のお茶「一服一銭」で来館者をおもてなし 2005年12月 RKB毎日放送「週刊GET」出演 (2005年12月~2009年4月) 2006年3月 国土交通省・ビジットジャパンキャンペーン実施本部主催 「日本の魅力あるお土産コンテスト」銀賞・香港賞受賞 2006年4月 九州国立博物館「うるまちゅらしま琉球展」オープニングイベント:沖縄のお茶「ぶくぶく茶」でおもてなし。 2006年7月 日本茶普及協会主催「グリーンティー・ジャパングランプリ」グランプリ受賞 2006年8月 ビジットジャパンキャンペーン「カナダケベック博覧会」にて:日本茶デモンストレーション 2006年10月 九州朝日放送「TOGGYのぶぎうぎラジオ」出演(2006年10月~現在) 2006年10月 九州観光推進機構「うんちくの旅」茶巡りツアー監修 2007年1月 フランス・リヨン国際外食産業見本市にて日本茶デモンストレーション 2008年7月 全日空機内誌「翼の王国」 「高知の発酵茶をたずねて」 執筆 2008年9月 全日空機内誌「翼の王国」 「島根のぼてぼて茶をたずねて」 執筆 2008年12月 全日空機内誌「翼の王国」 特集 「九州砂糖街道」 執筆 2009年3月 全日空機内誌「翼の王国」 「星野村の伝統本玉露をたずねて」 執筆 2009年5月 全日空機内誌「翼の王国」 「霧島の大茶樹をたずねて」 執筆 2009年11月 全日空機内誌「翼の王国」 「桃生茶をたずねて」 執筆 2009年11月 九州・沖縄文化力推進会議主催・文化庁後援 「九州の文化を巡る」~お茶が育む九州・沖縄文化の魅力~講演 2010年5月 全日空機内誌「翼の王国」 ANA’S WORLD SCOPE「茶弁当を携えて」 執筆 2010年12月 全日空機内誌「翼の王国」特集「日本茶で開いた未来」幕末の貿易商大浦慶の足跡をたずねて」 執筆 2013年 JR九州豪華列車ななつ星クルー対象お茶のいれ方教室

« 春のお茶時間 | メイン | 屋久島から新茶の最新情報! »

2018年3月12日 (月)

桜茶の楽しみ方

桜茶


春の陽気になりましたねcherryblossom
花粉は気になりますが、お散歩したい気分になります。

早速、私たちはお花見の日程を決めました。
桜の開花が待ち遠しいです。

今日はおめでたい席でよくおもてなしのお茶として出される
「桜茶」の楽しみ方についてご紹介します。

1.桜茶を一房ずつ分ける

Sakurachanomikata1


2.ぬるま湯に浸し塩抜きをする。
※塩抜きをする際、箸などで桜茶の中心部を突き、塩抜きをしっかりと行う。

Sakurachanomikata2


3.ゆのみに塩抜きした桜茶を一房いれ湯を注ぎ、
塩抜きをした湯(2で使ったぬるま湯です)の薄くピンク色に色づいた上澄みを
スプーン1杯桜茶にいれて、完成!

Sakurachanomikata3


4.完成
桜湯とともに桜茶もお召し上がりいただけます。

Sakurachanomikata5


桜茶の楽しみ方について掲載しています。 >>桜茶のいれ方
他にも、桜ごはんや桜ビスケットなど
桜茶を使ったアレンジレシピも掲載しています。

私のおすすめは、「桜酒」
桜茶とは、桜の花びらを塩漬けにしたものです。
桜花漬は八分咲きの八重桜を梅酢と食塩だけで漬け上げました。色あざやかで香りも豊かです。

艶やかな桜酒
日本酒に桜茶を塩抜きしたものを入れてみました。
少しだけ桜餅のような香りが漂ってきます。
お花見しながら桜酒を飲むのもまた一興!
他のお酒にも合いそうです。
色んなお酒で試してみてはいかがでしょう?

桜酒


桜ほうじ茶
白湯のかわりに塩抜きをした桜茶に
ほうじ茶を注いで出来上がり♪

桜ほうじ茶


sun

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。